兵庫県川西市の歯医者 さきた歯科は自由診療を含めた
歯科治療を提供。個室診療。

初診ご予約・お問い合わせ072-794-3182
  • 治療方針
  • 診療案内
  • 医院案内
  • 価格案内
  • 治療例
  • 患者さまの声
  • 良くある質問とその答え

兵庫県川西市の歯科 さきた歯科 (保険診療・自由診療受付)治療例 > 重度の歯周病を根本治療し審美歯科修復


治療例

重度の歯周病を根本治療し審美歯科修復

私たちの考える審美歯科治療において常に心がけておりますのは、単にノンメタルの材料で人工的に白くするというのではなく、適切な歯周病治療や虫歯治療など基本的な修復治療を行ったあと、出来るだけ長期的に健康で美しくいい状態を維持することができるような高品位な審美歯科修復治療をご提案させていただくことです。

今回の患者様は今まで歯医者さんでいくら歯石を取ってもらっても、またご自身で頑張って歯を磨かれても一向に歯ぐきの腫れが収まらず、日に日に前歯の隙間が広がってきて、最近は見た目にもかなり支障がでてきたとの事でした。

私たちは通常歯周病治療において、外科的な手術を行うことは患者様のおからだのご負担を考え、できるだけ避けるようにしております。 それにかわる基礎治療でほとんどの場合苦痛なく歯周病は完治できるからです。

しかしながら今回のように清掃器具が入らないほど歯周ポケットが深く、また歯や歯槽骨の形態そのものにも問題がある場合は患者様と相談の上、適切な歯周外科手術を行い、再発を防止すべく根本的な歯周病治療を行うことがあります。

オールセラミックスによる審美歯科治療

歯周病の原因はよく知られている歯石や歯垢、バクテリアの塊だけではありません。

歯磨きを一生懸命がんばられても、その原因が取り除かれていなければ無駄に終わることになりかねません。 古い詰め物やかぶせ物がぴったり合っていないと、自然の免疫細胞を多く含む歯周ポケットからの浸出液循環が阻害され、本来からだが自然に持ち合わせている治癒力を発揮することができません。

またかみ合せが悪く、一部の歯に大きな負担が生じ、その歯を支える歯周組織に障害がでることによるもの、鼻呼吸がしにくいことによる口腔乾燥症によるもの、さらに糖尿病や高血圧など全身的な要因や喫煙による影響など実にさまざまな要因を考えなければならないのです。

歯周病を根本治療していくにはこれらの原因をピンポイントで突き詰め、それに応じた効果的な手法を用い、患者様と二人三脚で取り組む必要があるのです。


ページの先頭へ

審美歯科 治療ステップ1

前歯の歯ぐきの腫れと出血、歯並びが気になるとのことです。

根本的な歯周治療を必要とする審美歯科修復治療

かなり歯ぐきが腫れており、検査で少し触れるだけですぐに出血する状態でした。

今まで歯医者さんで定期的に歯石の清掃をしてもらい、歯科衛生士さんに歯磨きの仕方も教えてもらって練習し、ご自宅でも一生懸命磨いておられたとのことです。
それでもだんだん前歯がぐらつくようになり、食事をすると下の前歯の先が上の前歯の歯ぐきの付け根にくい込むようになってきました。

腫れて膿が出るようになってくると、抗生物質を処方してもらい、すこしの期間は収まるとの事ですが、またしばらくすると同じところが腫れてきての繰り返しで、だんだん動きがひどくなってきたとのことです。

お口の中を拝見させていただくと、歯ぐきとの付け根にかたく付着した歯石がたくさん見えました。これはどんなにご本人が頑張られたとしても、歯ブラシでは決して取ることができません。

また精密な歯周病検査をさせていただいた結果(左図)、いわゆる歯周ポケットがほとんどすべての歯の全周にわたり8ミリから10ミリ前後形成されている状態で、かなり重篤な歯周病に侵されていることがわかります。(通常健康な方の歯周ポケットの深さは2ミリ前後です)
歯並びも前後に入り組んだ状態で食べ物が詰まりやすく、さらに歯の周りの歯槽骨にもでこぼこした段差の存在が予想されます。

歯そのものにもやはり歯ぐきのつけ根の部分に、永年にわたるくいしばりによって生じたと思われる細かな横紋状の段差が無数に認められ、ここにも歯周病の原因がありそうです。

お口元の表情を拝見すると、やはり上の前歯二本が大きく隙間が開いて見え、すこし出っ歯感もあります。 お口を開けられると、ちょうど下の歯ぐきの腫れている部分が真正面に見えることになり、かなりバランスの崩れた不自然な状態になっています。

お仕事がら人とお話される機会がたくさんあるとのことで、できるだけ審美的にも満足できる治療方法をご相談させていただきました。
ご多忙な方で治療期間にも制限(一年以内というご希望でした)があったため歯周病治療と併行した部分的な矯正治療、奥歯を含めた噛み合わせ治療を経たあと、前歯の精密な審美歯科修復を行うといった手順で治療計画を行いました。

ページの先頭へ

審美歯科 治療ステップ2

模型を使ってシュミレーション。審美歯科の最初のポイント

歯周病治療を行いながら最終的な治療後のイメージを模索していきます。

さきた歯科における歯周病治療ではすべての患者様に専任の経験豊富なハイジニスト(歯科衛生士)が担当させていただき、基礎治療を行ってまいります。

基礎治療は効果的にまた迅速に歯ぐきの炎症をコントロールして、その後の外科治療や修復治療が行える環境を作ることが大切なポイントになります。

私たちは歯石やバクテリアフイルムを取る超音波機器も、サテレック社製P-MAX, EMS社製ピエゾマスターをはじめ全4機種を取り揃えており、その中から最も患者様が苦痛なくかつ効果的に清掃できるものを選択使用しております。

左の写真はまだ外科手術することなくハイジニストによる初期治療のみで歯ぐきの炎症を抑えたところです。患者様の日ごろのお手入れも上手になってこられ、最初のころに比べて歯ぐきからの出血が収まり、赤みも取れて健康的なピンク色に引き締まってきました。

これによって上の歯は歯周外科をする必要がなくなり、まず部分的な矯正治療と審美修復のみで回復させるシュミレーションを模型上で行いました。 この時点では奥歯のかみ合せが低いままでのシュミレーションです。

見ていただいておわかりのように、このままでは審美的にも満足できる回復は望めないことと、歯周病の再発を生じるリスクが残り根本的な治療とはなりにくいことから、患者様とご相談の上当初から予定していた奥歯を含めた全体的なかみ合わせ治療を進めていくことにしました。

ページの先頭へ

審美歯科 治療ステップ3

からだに優しい修復治療の実践。

一つ一つのプロセスにも患者様のからだへの配慮を

《低くなってしまった噛み合わせを元の高さに戻す》
文章にするとわずか一行ですが、噛み合わせ治療をされている経験のある歯科医師の方ならその難しさをよくご存知だと思います。

私たちが理想的と判断した噛み合わせの高さや前後左右の位置が、そのまま患者様に受け入れられていただけるかどうか慎重に経過を見てまいります。
顎関節内の位置関係は特に重要で、下の顎(関節頭)が顎関節の中のどの位置に収まっているか、常に注意し続けることが必要です。

下の歯に関しては予定通り歯周外科手術を行いました。 マイクロスコープを使用し、すべての歯ぐきをめくることなく最小限の切開ですむような、からだに優しい術式を選択しています。(部分層弁によるアピカルポジショニングフラップ)

縫合の多くはできるだけ細く傷跡の残りにくい透明の糸を用い、歯茎の位置固定のためだけに黒く太い糸を用いています。これによって後の審美修復に有利な歯肉状態を導くことができます。

さらに失われた歯槽骨を再生するために、私達さきた歯科ではまだ日本の多くの歯科で使用されている豚の組織由来のエムドゲインというものではなく、欧米で主流になりつつある生物組織由来の成分をまったく含まないGEM-21というきわめて安全で効果的な骨補填財を直接手配、輸入して用いることにしています。
からだにやさしい高品位な歯科治療の実践のため、私たちは細部にまで徹底した安全性を追及しております。

ページの先頭へ

審美歯科 治療ステップ4

歯の裏側からの矯正治療で見た目の負担を軽減させます。

少しずつ慎重に痛みや苦痛がないように動かしていきます。

成人の方でも矯正治療によって歯を適切な位置に移動させその後の修復処置を審美的に有利な方向へ導くことができます。

お仕事などのご事情でできるだけ見た目にもご負担がかからないよう、今回はできるだけ歯の裏側からアプローチいたしました。 歯と歯の間にやわらかいゴムをかけながら、痛みなどが出ないように少しずつ開いてしまった真ん中のスペースを詰めていきます。

左の写真は矯正治療開始後約3ヶ月、かみ合わせ治療開始後約6ヶ月、歯周外科治療後約5ヶ月での仮歯の状態です。

下の歯と上の歯の真ん中が合うようになってきました。上の出っ歯感やすきっ歯の感じもかなり解消できてきました。 歯周外科を行った下の歯ぐきも固く引き締まり、出血や炎症もまったく見られません。

いよいよ基礎治療を終了し、審美歯科修復治療を行うことにしました。

ページの先頭へ

審美歯科 治療ステップ5

ノンメタルのオールセラミックスにて審美歯科修復

大きく口を開けて笑うことができるようになりました。

治療前と治療後の写真を比較してみます。

矯正治療を併行して行ったことにより、でこぼこしていた歯並びも八の字に開いていた出っ歯感も解消されました。

奥歯のかみ合わせの高さを上げるためと、歯と歯ぐきの境目の横紋状段差を解消する必要性からオールセラミックスによるクラウンを適用いたしましたが、できるだけ歯へのダメージを避けるため、下の前歯を含めすべての歯の神経は残されたまま審美修復が施されています。
(下の左右犬歯はそのままの形で、いわゆる犬歯誘導といった噛み合わせに最も適した状態を維持できたことにより、まったく削らず天然歯の状態で新しい歯列に組み込まれています。)

治療後の歯周検査データーを見ても歯周ポケットは全周にわたって2ミリ前後と安定した状態で維持され、歯磨きもとてもしやすくなりました。
この歯並びと歯周外科(APF)後の組織の状態からは、今後の歯周病の再発のリスクが極めて低いレベルで抑えられていることが予想されます。

さらに今回の審美修復用に選択されたオールセラミックス(VITTA社製VR7)は天然歯のエナメル質とほぼ同程度の硬さや磨耗特性を持ち併せ、かみ合わせにもやさしく長期的な安定が期待できます。 また合成樹脂や銀歯のようにプラークや細菌が付着しやすいこともなく、口腔内で腐食したり変色する心配もまったくありません。
今後は患者様と二人三脚で、このいい状態をすこしでも長く保つことができるよう定期的なメンテナンスをしっかりと行ってまいりたいと思います。


実際に治療を受けられた患者さまの声:「説明がわかりやすく、安心しておまかせできた。」

担当ドクターの治療前の説明が親切でわかりやすく、安心しておまかせできた。 今までにない歯への関心が高くなり、歯みがきやうがい等マメにするようになり、出来るだけ良い状態を保ちたいという意識が出てきている。 長い時間をかけて治療していただきありがとうございました。 感謝しております。

患者さまの声を見る

ページの先頭へ


お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ
お電話072-794-3182

あなたのお悩み、私達さきた歯科におまかせください。
思い立ったら今すぐご予約を!!
(歯医者は後からと思うとなかなか踏み切れないものです!)


ページの先頭へ

サイト検索


ご予約・お問合せ

お電話

072-794-3182

医院案内

さきた歯科
兵庫県川西市見野2-24-11

能勢電鉄山下駅徒歩0分
駐車場7台完備

診療時間
9:30〜13:00 15:00〜19:00

休診日:木・日・祝日

診療科目
一般歯科/予防歯科
小児歯科/審美歯科

地図 ※クリックで拡大

地図

スタッフ募集

兵庫県川西市の歯医者 さきた歯科ではスタッフを募集しております。→スタッフ募集詳細

兵庫県川西市の歯医者 さきた歯科歯科衛生士・歯科医師 求人情報

ご来院を検討されている方へ

ご来院の際の初診の流れをご案内しております。→初診時の流れ



兵庫県川西市の歯医者 能勢電鉄妙見線 山下駅前- さきた歯科
周辺の猪名川町 能勢町 宝塚市 三田市 池田市ほか県内外から沢山のご来院頂いております。

| 治療方針 | 診療案内 | 医院案内 | 価格案内 | 治療例 | 患者さまの声 | 良くあるご質問と答え |
| さきた歯科TOP | サイトマップ | プライバシーポリシー |

さきた歯科 関連サイト

| ナチュラルクリニック大阪 |

Copyright 2017 SAKITA Dentistry . All rights reserved.

兵庫県川西市の歯医者 さきた歯科 兵庫県川西市見野2-24-11 (代表) 072-794-3182